「人に話したくなる土壌微生物の世界」を出版

PRESS_RELEASE

 本学 染谷 孝 名誉教授が、最新の研究成果を平易に解説した「人に話したくなる土壌微生物の世界」(築地書館、2020年9月30日)を出版しました。

 

 土の中に棲む微生物は、人々の生活や農業、環境問題などと深く関わっていますが、実はまだ全体の1%位しか解明されていませんでした。それがこの数十年間で解析技術の進展とともに飛躍的に研究が進んできました。著者は佐賀大学農学部で土壌学、土壌微生物学の専門家として26年間教育研究に携わり、その集大成として平易に解説した一般書をこのたび出版しました

 特に、著者の得意とする蛍光染色技術を駆使して、普段は目に見えない土壌微生物の世界を可視化した珍しい画像を多数掲載し、土壌微生物の多様な姿を分かりやすく解説した一般書は他にありません。

 植物の発育を支えたり病原菌から守ったり、逆に植物やヒトに病気を引き起こしたり。堆肥を作ったり農薬を分解したり地球の大気を創ったり世界遺産を劣化させたり巨大洞窟を作ったり温泉で暮らしていたり。たぶん火星や木星の衛星にも棲んでいるかも? 身近にいるのに意外と知らない土の中の微生物。その働きや研究史、病原性から利用法まで、きっと「人に話したくなる」ようなエピソードが満載です。

 佐賀大学の教養教育プログラムで学生が取り組んだ生ごみの堆肥化(段ボールコンポスト)や佐賀県内の小城や伊万里での市民やNPOによる生ごみ堆肥化についても紹介しています。

 

 

 

本書の概要

 染谷 孝  著

 「人に話したくなる土壌微生物の世界 ―食と健康から洞窟、温泉、宇宙まで」

 (築地書館、2020年9月30日)ISBN978-4-8067-1607-5

 四六判並製 192頁+カラー口絵4頁 2020年9月刊行、1,800円+税 

 

 第1章? 未知の世界がいま明らかに──人と微生物との関わり

 第2章? 土と微生物

 第3章? 善玉菌を活用する──微生物資材

 第4章? 環境を浄化する微生物

 第5章? 土の中の病原菌

 第6章? 堆肥と微生物

 第7章? 洞窟の微生物

 第8章? 土壌から宇宙へ

 

 

 

【本件に関する問い合わせ先】

  佐賀大学 名誉教授/農学部招聘教授 染谷 孝

  電子メール someyat (at) cc.saga-u.ac.jp 

  ※ (at) は @ に置き換えて下さい。

戻る

TOP