佐賀大学エコアクション
代表者メッセージ


 佐賀大学は、6学部8研究科(教育、芸術地域デザイン、経済、医、理工、農)を有する総合大学であり、海洋エネルギー研究センターをはじめとする先端的研究施設のほか、附属図書館、附属病院、附属小?中?特別支援学校、幼稚園、さらに美術館を有する国立総合大学です。そして学生?生徒と教職員を合わせて11,000人を超す県内有数の構成員数を誇る機関として、環境への負荷を考慮すべき事業所であると考えています。そのため、平成24年7月には「佐賀大学環境方針」を独自に策定し、自然との調和、環境保全型社会への対応に向けた取組を全学的に実施すべく、その基本理念や行動指針を定めました。また、平成28年4月に「エコアクション21」から独立し、その取組に替えて佐賀大学独自の環境マネジメントシステム「佐賀大学エコアクション」を設立し、教育?学術研究?医療及び大学運営に関するあらゆる活動について、環境保全型社会の実現に資するため、廃棄物減量や省エネルギー化、研修会等を通した啓発活動等に取り組んできました。

 一例を挙げますと、本学の中期計画の63番に省エネルギー対策の実行を掲げ、省エネ効果の高いLED照明及び高効率空調設備の整備を進めるとともに、全学的な会議において光熱水等の経費削減状況の報告を毎月行い、情報共有?意識啓発に努め、また夏季及び冬季における節電パトロールなどを実施し、節電に努めました。他方、環境に対する世界的な動きに目を向けてみますと、2030年までの国際社会共通の目標として「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」が国連で定めれており、今後はSDGsにも対応していく必要があります。SDGsに対して、大学は様々な分野で貢献していくことが期待されていますが、中でも「Education for Sustainable Development(持続可能な開発のための教育)」、すなわちSDGsに貢献できる人材の育成が重要な課題と考えています。SDGsで謳われる持続可能な世界の実現に向けて克服すべき課題は、どれも単純なものはなく、様々な問題が複雑に絡み合った非常に難しいものばかりです。そこでは、特定の分野に留まらない幅広い知識と多様な視点とともに複雑かつ急激に変化する社会の課題を自ら発見し、その課題を解決できる能力を持つことが必要です。

 佐賀大学では、310免费体育直播2年4月に「佐賀大学のこれから-ビジョン2030-」を策定し、これらに対応するための様々な取組に着手しています。今後一層省エネルギー対策をはじめとした環境問題に対応していくためには、大学における様々な活動を効率的?効果的に行うことも必要です。310免费体育直播3年4月にはDX推進準備室を設置し、DX推進計画を策定?実行に移しています。今はその第1歩として、事務機能の合理化に着手しており、例えば電子決裁システムの導入により、紙媒体の削減等を進めています。DXは技術ではなく、業務プロセスの改善であり、教職員?学生の意識?業務?組織風土を変革する重要なツールであると認識しています。今後も様々な分野にIT技術を導入、発展?応用させることでデジタルキャンパスを実現し、環境問題への効果的な施策立案?実行等の対応にも役立てていきたいと考えています。

 佐賀大学環境方針の行動指針に示すとおり、本学を取り巻く様々な方に本学の取組を知っていただき、地球環境の保全?改善に対する取組への協力と理解を求めるものです。何卒ご一読いただき、本学の活動に対する要望やご提言などをお寄せいただければ幸いです。 佐賀大学は、これからも「地域とともに未来に向けて発展し続ける大学」を目指し、地域の皆様とともに環境保全型社会の実現に向けて取り組んでまいります。

                国立大学法人佐賀大学長 兒玉 浩明